■プロフィール

メガネ熟成

Author:メガネ熟成
あれ、メガネ、メガネ…
僕のメガネ知りませんか?
…ってやるやる!!

メガネなしじゃ生きられない
しまやの人々の日常

■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
彼の名は……
こんにちは、吾輩である。

冬の繁忙期の足音がひたひたと迫ってくる今日この頃。

吾輩が仕事を終えて三階の更衣室に上がろうとすると、こんな感じだった。

141206_2239~02

なにかがある。

というか、なにかが吾輩を睥睨している。
この世で、この階段から吾輩を睥睨するのは、ボスネコ・ユキその人だけだと
思っていたのに、まさかの事態である。

そもそもこいつは何奴なのか。

拡大するとこんなやつである。

141206_2239~01

こいつが何者なのかは大概の方にお分かり頂けたと思うが、
こいつは赤いキャップに卵色の内容物が入っている。

まず最初に断っておくが、吾輩がこいつを掴み、こんなに間近で見つめ合ったのは、
このブログを書くためである。
最初はただ頭上と足元にあったこいつをちらりと見やっただけで、
じっくりと見たわけではない。
だから、吾輩が愚かだったということではない。断じてない。
ただ少しだけ、吾輩の発想力が豊かだったのだ。
そうに違いないのだ。

ということで、吾輩は階段上にあったこいつとすれ違うとき、
さんざん見下ろされたお返しにたっぷりと見下ろしてやったあと、こう思った。

吾輩「(誰だよ、こんなところにマヨネーズ置いたやつは)」

すると、吾輩の心の声が聞こえたわけではあるまいが、
女子更衣室のほうからじゅうたん嬢の声がする。

じゅうたん嬢「……そう、なぜかショウジッコが置いてあって……ごにょごにょ」

吾輩は思った。

吾輩「(しょうじっこ? 聞いたことのないメーカーだな……確かにキューピーではなかった)」

そして吾輩は更衣室で着替えを終え、早々と帰宅した。

ちなみに、ついでなので書き記しておくと、こいつがマヨネーズではないことに
吾輩が気がついたのは翌日の朝である。
再びこの階段で相対したとき、吾輩はこいつがマヨネーズではないことを知った。

吾輩の想像力が障子糊に勝った。

今はそう思うことにしている。

明日はプロレス課長さん。
よろしくどうぞ。

いろいろとごめんなさい@しまや出版

火!吾輩 | 07:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
修学旅行で先に布団に入るといたずらされたり周りがうるかったりで全然寝付けない高校三年の夜
こんにちは、吾輩である。

吾輩はこう見えて朝は強いが夜は弱い。
だいたい深夜零時を過ぎると眠くなってきて、一時を過ぎるとぱたりと寝る。
無理して起きようものなら頭の中がふわふわしてきて、
突然魔法の呪文を唱え出すこともある。らしい。

そんなだから、修学旅行で朝目覚めると、足の五指に似顔絵が描かれていたりする。

先日のことである。
仕事が予想以上に長引き、ひっそりと静まり返った社内。
二階でパソコンを使いたいというあっちゃん氏についてのろのろと
二階に上がっていくと、犬草嬢の席の下にタンタンの姿が。

あずき色をした毛布(?)が床に敷いてあり、その上でタンタンがぐっすりと
お休みになっていたのである。
その毛布は昼間、犬草嬢が身体に巻きつけて暖を取っていたもののように
思うのだが(タンタン、毛布が汗臭くなってきたらすぐに洗濯してもらいなさい)、
誰かが思いやりで敷いて帰ったのだろう。

残っていた豆腐嬢も加わり、パソコンを使っているあっちゃん氏のところに
集まると、自然とタンタンを取り囲むような格好に。

吾輩はタンタンが寒かろうと思い掛け布団をかけてあげ(優しい)、
三人はタンタンをはばかることなくおしゃべり。

するとぐっすり眠りについていたタンタンに異変が……。

タンタン「(うるさくて、寝られないでち)」

といわんばかりに落ち着きなく寝返り。
しまいにはこの有り様である。

タンタン

ぐっすり寝ている……のではなく、あまりにうるさいので耳を伏せているのである。

ごめんねタンタン。
でもそんな姿もまたかわゆし。

タンタンはそのあと、結局起きてしまい、布団を出ていってしまったのである。

明日はプロレス課長さん。
よろしくどうぞ。

ユキはいつ寝るのか@しまや出版

火!吾輩 | 15:19:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
アイ キャン ドゥー イット
こんにちは、吾輩である。

吾輩は反省した。

吾輩はこう見えて比較的早い時間に風呂に入る。
休みの日なら八時くらいには風呂に入る。
夕御飯を食べたらすぐに風呂に入るのが吾輩のスタンダードである。

風呂を出た吾輩はお茶を飲む。
一夜に、湯のみにして二杯から三杯くらいはお茶を飲む。
仕事中に吾輩がひっきりなしに工場のトイレに向かうのは頻尿だからではない。
前日にお茶を飲み過ぎているからである。
ちなみに、吾輩が前夜に何杯の茶を飲んだかは
吾輩がトイレに向かう回数で判断することが出来る。

そして、茶には茶菓子が必要である。
だから吾輩は仕事帰りに茶菓子を買ってくる。
駅前通りにある100円ショップ「キャンドゥ」で。

しかしそんな吾輩も少しばかり反省した。
調子に乗ってお菓子を買いすぎたのである。
しかもこのラインナップ。

image0007.jpg

太りそう。
というか、身体に悪そう。
悪玉コレステロールが溜まりそう!

いくらこれから冬の繁忙期になるからといって、
なんでもかんでも蓄えればいいというものではない。

これからはポッキーとかコアラのマーチの割合を
増やしていこうと思った吾輩である。

明日はプロレス課長さん。
よろしくどうぞ。

早く冬コミの準備しないと@しまや出版

火!吾輩 | 22:00:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
そんなことしたら靴の裏が大変なことになるでしょ
今年の書店くじは当たる気がしない。

どうもこんにちは、吾輩である。

今日はこの間吾輩が小さなショッピングモールにお出かけしていたときの話をしようと思う。

そのショッピングモールには中庭のようなものがあり、
そこは完全な屋外になっている。
空も見えるし風も吹くし、雨だって降る。

日が沈み、人気のなくなったその中庭を吾輩は歩いていた。
ちょっとうつむきがちに。

と、吾輩の足元の先に突如現れるG! ことゴ○ブリ!
しかし、外で会うゴ○ブリなど、所詮はただの虫。
無視して通り過ぎようとしたそのとき……
吾輩の耳に……何かが聞こえる。

?「踏めっ、踏めっ」

耳を澄ます。

?「踏めッ、踏めッ」

幻聴……ではない。
幻聴ではない、ということは……?

誰だ、吾輩にゴ○ブリを踏ませようとしているやつは。

視線を上げる。
六十がらみのおやじが、馬券を握りしめて賭け馬を応援するかのように、
力強く拳を握って吾輩の足元を凝視していた。

おまえか。

吾輩がゴ○ブリそっちのけで目の前のおやじを見つめていると、
視線に気がついたかおやじが顔を上げた。
目が合う。
おやじは吾輩と目が合うと、少し照れくさそうにしながら

おやじ「踏めなかったか」

というと、微苦笑を残して立ち去って行った。
最後に見たおやじの顔は少し残念そうだった。

一人その場に取り残された吾輩は、再び歩き出しながら考えた。

吾輩はあそこでゴ○ブリを踏むべきだったのか?
もしも踏んでいたら、どうなっただろう。
おやじが快哉を叫び、握手を求めてくる。
がさがさでしわくちゃで毛だらけのおやじの両手と握手を交わし、おやじはにこやかに去っていく。
足の裏の感触が頭から離れず、吾輩は足を上げることができない。
ついには我慢できなくなり、その場で靴を脱ぎ捨てると、吾輩は一目散に
ショッピングモール内の靴屋に出向き、靴を新調しただろう。

これって、誰得。

141001_1346~01ans
この間の答え合わせ。

明日はプロレス課長さん。
よろしくどうぞ。

実話です@しまや出版

火!吾輩 | 07:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
カメラをさがせ!
こんにちは、吾輩である。

たまには眼鏡に関わる話でもしようと思う今日この頃。
吾輩はこう見えて、小学校低学年まではものすっごく目がよかった。

ものすっごくというといいすぎだが、左右の視力がそれぞれ2.4くらいは
あったのである。
それがなぜこんなにも視力が悪くなってしまったのか。
吾輩は確信を持っていえる。
吾輩の視力を完膚なきまでに叩き落としたのは、
小学生のときに夢中になった
『スーパードンキーコング1・2・3』
『ウォーリーをさがせ!』のせいであると。
間違いない。

特にスーパードンキーコングの破壊力は凄まじかった。
吾輩の視力はドンキーの腕力によってガラス細工のように砕け散ったのである。

『ウォーリーをさがせ!』というのは、みなさん御存じであろうと思うが、
ごっちゃごちゃした絵の中からウォーリーを探し出すというゲーム性の本のことである。
吾輩は幼少の頃、ウォーリーの人を小馬鹿にしたような澄ました顔に
腹を立てながら、なにをこなくそと思い、ひたすらにウォーリーを探した。

そのせいで、遠くのものがぼやけて見えなくなってしまった代わりに、
瞼を閉じればいつでもあの澄ました顔を視ることができるようになってしまったのである。

ということで、今日はにっくき『ウォーリーをさがせ!』にちなんで、
こんなものを用意してみた。

141001_1346~01

その名も『カメラをさがせ!』。

この画像のどこかにカメラが隠れているので、暇がある人はぜひ探してあげて下さい。

では、今日はこんなところで。

明日はプロレス課長さん。
よろしくどうぞ。

視力の低下にはご注意を@しまや出版

火!吾輩 | 15:50:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。