■プロフィール

メガネ熟成

Author:メガネ熟成
あれ、メガネ、メガネ…
僕のメガネ知りませんか?
…ってやるやる!!

メガネなしじゃ生きられない
しまやの人々の日常

■カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
人類補完計画
こんにちは、吾輩である。

冷夏? どうでしょう?
夏はやっぱり暑い。
とりあえず冬よりは暑い。それは確か。

さて、そんな夏真っ盛りの今日なので、背筋が凍る話でも。

今日は我らがしまや出版が抱える悪しきタブーについて書こうと思う。
この記事が公開された暁には、このブログは炎上するであろう!
というくらい背筋が凍る、しまや出版のヒミツである。
夏だし、一回くらい炎上するのも悪くはない。

先日、といってもひと月以上前の話になるが、閑散期のとある昼下がり。
そんな時間にあんな場所に誰か社員が来るとは露とも思っていなかったのだろう。
吾輩は見てしまったのである。
決して見てはいけないものを。

その秘密を明かす前に、新世紀エヴァンゲリオンで語られた人類補完計画について
簡潔に話したいと思う。
人類補完計画とはゼーレという謎の結社が推進する、キミもボクも心の壁を取っ払って、
身も心も一緒になっちゃおうぜというそれはそれは壮大な計画である。

その壮大な人類補完計画が、まさかしまや出版の中で秘密裏に遂行されていたとは。
しかも、その計画を遂行していたのが本部長だというのならまだ頷けるが、
まさかアイツらが舵取りをしていただなんて。

吾輩はアイツらを甘く見ていた。
毎日毎日地べたを這いつくばりながら、一発逆転のチャンスを待っていたのである。

吾輩は自らの命を賭して、一部始終を収めた写真を撮影することに成功した。
これはやつらが人類補完計画について話し合っているまさにその瞬間を捉えたものである。

あとは何もいうことはない。
その目で確かめてもらいたい。











140530_1423~01

ああ……。

明日はプロレス課長さん。
よろしくどうぞ。

わからない人はゼーレで画像検索@しまや出版

火!吾輩 | 07:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。