■プロフィール

メガネ熟成

Author:メガネ熟成
あれ、メガネ、メガネ…
僕のメガネ知りませんか?
…ってやるやる!!

メガネなしじゃ生きられない
しまやの人々の日常

■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今週は食べ物の話でも
こんにちは、吾輩である。

先週紹介した深町秋生著『果てしなき渇き』。
原作は予想通り、かなり面白い。
まだ途中だけれど、繁忙期突入前には読み終えられるかもしれないと
期待する吾輩である。

さて、今週は赤きゃんどる大尉殿の専売特許である食い物の話でも。

先日、吾輩が友人らと連れ立って食べに行ったのは鶏すき。
この時期に鶏すき。
冬でもないのに鶏すき。

140705_2101~01

暑かった。熱いではなく暑かった。
男三人だし。
暑苦しかった。
それでも吾輩たちは迷わず食べたのである。

「鶏すき三人前」と頼んだときの店員さんの顔を吾輩は忘れないだろう。

そして吾輩は執拗に鳥肉に火を通した。
繁忙期を控えてショック中毒になるわけにはいかない。
あまりに執拗に火を通しすぎたせいか、平らげたあとの鍋に汁気はなかった。

〆はもちろんうどんで。
周りにいたほかのお客さんはさぞや暑苦しかったことだろう。
「あ、でもこれ、うめえや」
しかし吾輩たちは一人残らず我関せずを貫き通した。
さぞや暑苦しかったことだろう。

でも鍋は美味かった。
それで全てをよしとしよう。
めでたしめでたし。

明日はプロレス課長さん。
よろしくどうぞ。

美味いは正義@しまや出版

火!吾輩 | 07:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。