■プロフィール

メガネ熟成

Author:メガネ熟成
あれ、メガネ、メガネ…
僕のメガネ知りませんか?
…ってやるやる!!

メガネなしじゃ生きられない
しまやの人々の日常

■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ポストの下に何かがいる……!
こんにちは、吾輩である。

キャナルコート女史が眼鏡を変えていたことに露とも気がつかなかった吾輩である。
そういえば変わっていたような気がしたりしなかったりするけど、やっぱりしない。
そんな感じである。
不覚。

さて、今日はこの間帰り道にあるポストを見ていたら、下のほうで何かがうごめいていて
びっくりしたときの話をしようと思う。

吾輩は決してポストに用があったわけではないのだが、
その近くにあるコンビニに行こうとしていたところ、
腕にちょっと抱えられるくらいの大きさのモチモチとした影が
さささっとポストの下に逃げ込んだのである。

すわ、たぬきか、はたまたあらいぐまか、と疑った吾輩。
東京でも武蔵野のほうには今でもたくさんたぬきがいるらしく、
足立区にたぬきがいたっておかしくない(!)。

たぬきだったら嬉しいなと思う反面、
突然襲いかかられたのでは目も当てられない。
吾輩はそおっと、小さな影を刺激しないようポストの下を覗き込んだのである。







131019_0042~02

ただの猫だった。

しかしこの猫、意外と愛くるしいなはずがなく、きっとこの猫も
ボスネコ・ユキの配下の猫に違いない。
そう思って観察していると、吾輩の殺気を感じたのか、
さっと身を翻したぽんぽこりん猫。

すわ、逃げたか、と思いきや、

131019_0049~02

1メートル移動しただけで再びの猫座り。
のらねこのくせに肝の据わっている猫だなあと関心。
どうも、いつも餌をくれる人がいて、その人がやってくるのを待っているらしい。
もう飼ってしまえばいいのに。
そう思わなくもない吾輩である。

吾輩はこのぽんぽこりん猫としばらくにらめっこをしたが、
次第にぽんぽこりん猫がぷるぷると震えだしたので退散。

次はたぬきが見たいなあと思いながら帰路に着いたのであった。

明日はプロレス課長さん。
よろしくどうぞ。

野生のタヌキは一度だけ見たことがある気がする@しまや出版

火!吾輩 | 23:30:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。