■プロフィール

メガネ熟成

Author:メガネ熟成
あれ、メガネ、メガネ…
僕のメガネ知りませんか?
…ってやるやる!!

メガネなしじゃ生きられない
しまやの人々の日常

■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
しまや動物園
こんにちは、吾輩である。

久しぶりのお休みをいただいている吾輩。
なんだか火曜日ばかりに休んでいるような気がするのは気のせいだろうか。

ある日のことである。
吾輩がその日の仕事を終えて、帰宅するために三階の男子更衣室に戻ったときのこと。
更衣室最奥のロッカールームに足を踏み入れた吾輩は思わず足を止めた。
しまやの社猫、ユキが大変なことになっていたからである。
どどん!

P1010578.jpg

ユ、ユキーッ!!!!!

なんと、とあるロッカーからユキの尻尾の先端が飛び出していたのである。
いや、というか、挟まっていたのだ!
しかもそのロッカーの持ち主はというと……
群馬王氏!

まさか群馬王氏……とうとうユキを生け捕りにしてしまったのだろうか。
なんという、ネコレジスタンスの鏡。
これは大変なことである。
慌てて駆けつける吾輩。
失礼と思いつつドアをちょこっと開いた。
そこにいたのは、ぐったりとして息も絶え絶えのユキ……。

ではなく、白いビニール袋の持ち手であった。

一安心の吾輩。
本当にひやひやしたのである。

ときは変わって、またとある日。
花粉症の吾輩はよく仕事中に工場の入口脇にあるティッシュペーパーで鼻をかむのだが、
その横には亀のカメラが悠々と居眠りをしているのである。
しかし、そのカメラが最近、吾輩が鼻をかんでいるといきなり起き出して
こちらに急接近してくる様になったのである。

1363663851-1.jpg

ものすごい勢いで水槽を登ろうとするカメラ。
外の世界に飛び出したいのか。
はたまた、花粉症で鼻水ダラダラの吾輩をバカにしているのか。
悩ましいところである。

明日はプロレス課長さん。
よろしくどうぞ。

火!吾輩 | 12:45:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。