■プロフィール

メガネ熟成

Author:メガネ熟成
あれ、メガネ、メガネ…
僕のメガネ知りませんか?
…ってやるやる!!

メガネなしじゃ生きられない
しまやの人々の日常

■カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
菓子パンはお菓子に含まれます
こんにちは、吾輩である。

先週、しまやを襲ったインフルエンザ地獄。
そして大雪。
かつてないほど、波瀾万丈な一週間なのであった。

その(吾輩的)最後を締めくくるサンクリ搬入。
降り積もった雪が路面を覆い隠す午前五時。
吾輩はいつもよりだいぶ早く起床し、時間が読めぬ中、
とにかく早め早めに家を出たのである。

池袋駅に到着したのは7時10分頃。
同じく池袋に向かっていた犬草嬢といけふくろう前で待ち合わせし、
サンシャインシティに向かったのである。

今思えばここまでは順調だった。
首都高をくぐり、犬草嬢が本部長に連絡を取った辺りから雲行きが怪しくなってきたのである。

犬草嬢「首都高を左に見て、すき屋と三菱UFJのATMが見える場所にいるそうです」

吾輩「首都高を左に見て……?」

ど、どこだ……?

一向に本部長と合流できない吾輩たち。

業を煮やした吾輩は犬草嬢に電話を代わることを要求。

吾輩「あー、はい、なるほど、サンシャインシティの前にあるファミマを
   まっすぐ進んで、右手に見えるすき屋の近くにある三菱UFJの近くですね!」

吾輩は指示通り、サンシャインシティの右手にあるファミマの前をまっすぐ進み、
突き当たりの右手に見えるすき屋の近くまで進んだ。しかし……

犬草嬢「これって、サンシャイン通りまで戻ってますよね?」
吾輩「まあ確かに、そういえないこともないこともない」

このときすでに最初に本部長に連絡を取ったときから20分が経過している。

再度本部長に連絡を取る吾輩。

本部長「お前ら! 一体いつまで待たせるんだ!」

激高する本部長。至極当然のことである。
改めて行き先を聞いたところ、問題の箇所が発覚。

本部長がいっていたファミマとは、サンシャインシティの左にあるファミマのことだったのである。
なんとサンシャインシティの周りには歩いて100メートルくらいの中に三軒ものファミマがあるのである。

謎は全て解けた。

それからは難なく本部長のもとへたどり着いた吾輩たち。
お叱りの言葉を受けながら無事サンシャインシティの中に入ることができたのである。

140209_07177E01.jpg

犬草嬢を待っていた20分ほどの間、吾輩はいけふくろうと冬の寒さについて語り合っていた。

明日はプロレス課長さん。
よろしくどうぞ。

本当にすみませんでした@しまや出版

スポンサーサイト
火!吾輩 | 22:50:52 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。